eCite Digital Repository

'Queer” Runner: On the ways of constructing one marathon runner’s subjectivity

Citation

Suganuma, K, 'Queer' Runner: On the ways of constructing one marathon runner's subjectivity, Journal of Queer Studies Japan, 6 pp. 58-79. ISSN 1883-2164 (2013) [Refereed Article]


Preview
PDF
Restricted - Request a copy
2Mb
  

Copyright Statement

Copyright 2013 The Author

Abstract

Japanese language abstract:

本稿では1990年代に活躍したマラソン走者、有森裕子に関する言説について分析する。特に有森の示した彼女自身に関する言説が当時多くの女性あるいはスポーツ選手に求められていた常識を裏切っていったその様に注目する。有森自身による回顧録や自伝をはじめ、それに対する周囲の反応も手がかりにマラソン走者としての有森の生き方や自己の捉え方がいかにして当時のジェンダーやセクシュアリティ、そしてスポーツ文化の規範を乗りこえようとしたものであったかの分析を試みる。また有森によって示される彼女自身の言説が、幸福や家族といった社会通念に対するクィア批評となり得ることについても論じる。

Item Details

Item Type:Refereed Article
Research Division:Language, Communication and Culture
Research Group:Cultural Studies
Research Field:Culture, Gender, Sexuality
Objective Division:Expanding Knowledge
Objective Group:Expanding Knowledge
Objective Field:Expanding Knowledge through Studies of Human Society
Author:Suganuma, K (Dr Katsuhiko Suganuma)
ID Code:93413
Year Published:2013
Deposited By:Humanities
Deposited On:2014-08-01
Last Modified:2018-10-10
Downloads:0

Repository Staff Only: item control page